December 23, 2012


ご存知の通り、
今月の1日に福ちゃんの脱退を発表いたしました。

変な言い方かもしれないけど、
俺的には、
「ようやく発表出来た。。。」

という感じです。


というのは、
「福ちゃん脱退、そして三人に戻るがライブ活動は止める。」

てことは、ちょうど一年前の今くらいには決まってた事なんだよね。


もういろんな事をあの時期に話し合ったので、細かい事は覚えていないけど、
それに関しては、はっきり覚えている。

もう今年も終わるし、地球滅亡も無事に回避したようなので、
HPのTOPに書いたようなかしこまった文章ではなく、
自分の素の言葉をFedのファンの方々に届けたいなーと思ってブログを書いてみました。



去年の終わりに、ホントはすぐに発表しようか、という話もあったのですが、
あの時は「ヒダカトオルとフェッドミュージック」のレコーディングの前で、まだツアーにも出てない時だったんだよね。
俺たちは全員ヒダカフェッドは楽しみにしてたので、
ヒダカフェッドはやりきって、終了後に発表しようと決めたのです。

だってそのタイミングで脱退発表して、ヒダカフェッドでは福ちゃんがギター弾いてるって全然意味わかんないでしょ(笑)


なので、たまーに、
「ヒダカのせいでフェッドは止まったんだ。。。」
「ヒダカはバンドクラッシャーだ!!!」

とか書いてるやついるけど、ダカさんは全然関係ないです(笑)
福ちゃんなんてヒダカフェッドのライブで、今までのFedのライブ全部分MC喋ってたくらい楽しんでたからね笑


この1年間にFed MUSICとしてのライブは1回も行わなかったのはその為なのです。。。

「Fed MUSICはどうなってんの??」
「なんでライブやらないの??」

と思ってくれた人もいると思うんです。
その理由も知って欲しかったので書きました。



そして俺は今ソロデジタルユニットである、Logeq(ロジェック)をやってるんだけど、
Logeqをやりたいが為にFedが活動休止にしたのではない、という事もわかってほしかった。

もちろん俺の音楽的な志向が変わって来たのは事実で、
Fed MUSICはZARIGANI5時代から合わせて11年間やった事になるので、
ある意味ギターとベースとドラムで作る音楽は自分的には散々作って、新しいものを求めてた感じは3年前くらいからありました。

「Feel the world」なんてデジタルなダンスミュージックとロックが合体したみたいな曲で、
福ちゃんのギターを作るとき、もろデジタルなフレーズをリクエストしたのを覚えている。


Fedのライブ活動を止めたのはこの辺も大きくて、ここ数年は福ちゃんのギターありきで曲を作ってたので、いきなり3人に戻って4人時代を超える曲が出来るかはまだわからないんですよね。

なんだかんだ言っても福ちゃんみたいなギターを弾く人は2人と居ないので。

だから今年に入ってからは、ヒダカフェッドをやりきる事、
それとLogeqで今後やりたい事に俺の頭がシフトしていたので、

「りくちゃんはFedやらないでLogeqばっかりやってる。」

みたいに思われたかもしれないですね。
すんませんです。。。


ファンの方にはこんな事言うべきじゃないかもしれんが、
ホントならば、10年以上続けていたバンドの活動が止まって、少なからず落ち込んでもいいはずなんだけど、今俺はわくわくしてしょうがないのです。

やはりFedを1度お休みしたのは必然だったのだと思います。

一通りやる事をやって、今自分は新しいサイクルに入ってる気がしてならないのです。
それはあっくんとアキモに関してもそうなんじゃないかな。
違うのかな??笑



活動を止めずに、自分たちの気持ちよりも、
「Fed MUSICのファンを悲しませないためにも、バンドは続けて行こう」
という判断を下すのは間違いではないし、
むしろその方が「プロ」としては正しい判断なのかもしれない。

でも、俺が元々音楽でやりたかった事は、
「めちゃくちゃカッコいいと思う曲を作たんだけど、これ、君はどう思いますか?」
という事に尽きるんです。


今はZARIGANI5の1stを作った時のような気持ちになっていて、
あのアルバムを作った時に、
「俺はこのアルバム嫌いだね」
と誰かに言われたら、
「じゃあもう音楽聴かなくていいと思うよ」
みたいな事をしょっちゅう言ってました(笑)



今はいい加減なこと言えないけど、
これから3人で演奏したい曲は、時期が来たら勝手に出来ると思う。



それは「I fed music(to you)」
の時みたいに、ウンコしてる時にいきなりメロディが湧いて来て、
トイレの中で一気に曲が完成した、みたいな、
そういう曲がこれからFedで演るのにふさわしい曲なんだと思う。


もしこれからFedのファンのためだけに、無理矢理曲作ってライブで歌っても、
俺は全然楽しくないし、俺のやりたい事とは全然違う。
それでさらにお客さんに、
「やっぱ4人の頃の方が良かったね」
なんて言われたら自殺します(笑)



今はとにかくLogeqの曲を作りたいし、その曲でライブをやりたいし、
誰も見た事がないスタイルのDJもやりたい。
そして今までの常識にとらわれない音楽活動の方法をいろいろ試してみたい。

だから申し訳ないけど今はめちゃくちゃ楽しいです(笑)
楽しくて死にそうです。

あ、でもLogeqを無理矢理聴いてくれ!
とは思いません。

はっきり言ってFedとは全然違う音楽だし、FedのファンがLogeqを好きになるのは無理があるかなーと思ってます(笑)
気に入ってくれたら聴いてくれればいいし、聴かないでFedの復活を待っててくれても、
それはそれで嬉しいです。




あとは単純に音楽が作りたいです。

最近はCDが売れないから、みんないろいろ音楽以外に頭をしぼって戦略を考える事が多いですが、
俺は単純に「良い曲」が作りたいのです。


故・手塚治虫先生が、
「僕はアイデアはバーゲンセールするくらいあるんだ」
と言っていましたが、それは俺も同じ。


まだまだ作りたい曲がたまっていて、自分の一生が終わるまでにそれを全て作れるかどうかわからないくらいあるのです。。。

それだけでも大変な作業なのに、Logeqの事や、友達のサポートとか、やりたい事が山のようにある。。。
それこそまたFedがやりたくなったら、さらにやりたい事が増えて行く。

それを順々にやっていくだけでも、生きていく意味があるのです。






4人でのFed MUSICに関しては、最後に本当にライブしたかったし、
そのライブをみんなに観せたかった。


でもそれが実現出来ない今、
4人でレコーディングした最後の新曲に、今は全力を注ぎます。


その新曲は楽器のレコーディングは終わっていて、
後は俺の歌を録るだけなんです。


ホントは脱退発表してすぐに新曲を聴かせたいくらいの気持ちなんだけど、
ヒダカフェッドが終わってから、個人的にホントに今までにやった事なかったような経験をさせてもらう機会がいくつもあり、歌入れが未だ出来ていない状況なのです。


でも発表してTwitterなどでみなさんの反応をみた今の方が、
良い歌入れができるかもしれないですね。
でも、歌のレコーディングはなるべくいつもと同じように力を抜いて歌います。
今回だけ変に力入れて歌っても、良い歌は録れないと思うからね。



とりあえず新曲待っててください。

HPのTOPには、
Fed MUSIC Last song
ではなく

Fed MUSIC New song
にあえてしてありますからね。


長々とすいません。
これからも福井くんとFed MUSICを、
どうぞよろしくお願い致します。



12/12/23 Fed MUSIC:RIKU(Vo.Gt)


(19:47)

December 02, 2012

この度、私、福井章人はFed MUSICを脱退させていただくことになりました。
これまで応援してくださった皆様、お世話になった沢山の方々に、心よりお礼申し上げます。

月並みな言葉ですが、充実した毎日でした。
16歳でギターを始め、これまでいろいろな活動を経てFed MUSICに加入しましたが、
楽しいのはもちろん、学ぶことも考えることも多く、刺激のある日々でした。

楽しむため、楽しませるために、大真面目に取り組んで、
いい音楽、いいライブを作り上げるために細かい所まで突きつめて話し合える
そんな素晴らしいバンドで活動できて幸せでした!

本当にありがとうございました!

関わった全ての方に感謝を込めて。


福井 章人


(17:38)

November 25, 2012

いよいよあと2週間を切りました。
「久楽 陸の都市伝説&アコースティックライブ」

場所は埼玉の川口ですが、都内に在住の方には「川口???遠くね!!??」
と思ってる方々も少なくないんではないでしょうか??

なのでわたくし実際行ってみました!!!

実は俺もすっげー遠いイメージだったのですが、新宿から20分。
意外に遠くは感じず、わりにすんなり着いた感じですかね。


そして川口駅が予想外に(失礼ですが)栄えておりました!!!

kawaguchi_m


都会じゃん!!!

こりゃ時間を潰す事には困らなそうですね。



そして今回の会場、SHOCK ONの店内の写真もご紹介いたします。

これを見てどんな場所かイメージして頂ければ。。。


写真-5

入り口。
この日はヤスメイヤーの三十路記念バースデーライブでした。


写真-6

店内こんな感じです。
開演直後だったので、すでにお客さんが入り始めてます。
今回の都市伝説トークは、前方のヤスメイヤーが映っているプロジェクターにいろんな画像を映して行いたいと思っております。



写真




写真-2




写真-1




写真-3




写真-4




写真-7



どうでしょ??
雰囲気伝わったでしょうか???

とても綺麗なお店です。
基本レストランなので、入店したらお酒や食事をオーダーしてもらう事になります。
飲み食いしながら気軽に僕の都市伝説と歌を聴いて下さい。

なんかテンション上がって来た!!!
俺の友達みんな呼びたくなって来た。

ちなみにメシはすげー美味いらしいです!!!


チケット取り置きはお店での予約のみになります。
Logeqのチケット取り置きメールで予約してくれた方々は大丈夫です!



*予約方法
SHOCK-ONでの予約受付のみになります。
お電話での予約:048-259-5776
(電話受付時間:18:00〜翌3:00まで)
メールでの予約:http://www.shock-on.jp/mails/live/




RIKU























(19:20)

September 05, 2012



最近LogeqのHPが完成しまして、


「ヒダカFedもいいけど、早くFed MUSICやってくれ。」

とか

「やっぱギター持ってないと違和感あるわー。」


とかいう事を、たまーに言われる事があるんです。。。(笑)





もちろんROCKもバンドも大好きだし、ギターも普通に好きなんだけど、
やっぱ俺、基本「歌」の人なんですよね。


なので僕の事をすでに知ってくれてる人たちに対しては、
Logeqの活動をしていくにあたって、ちと説明が必要なんじゃないかと。

これからブログ等を通して、
僕がLogeqをやる「意味」とか哲学みたいなものを文章でみなさんに伝えたいと思っております。

とりあえずその第一弾として、親友のREIが9/7に行う、Logeqも出演する「SPACETRAIN2」の為にインタビューをしてくれました。

なのでこれを読んで、まずは僕がLogeqに関して考えてる事が少しだけ伝わってくれればいいかな、
と思っております。

以下REIのブログから転載!!!


Logeq/FaLLs




REI: FedMUSICではロック・ポップ、ヒダカフェッドではAORのイメージが強いですが、この新しいデジタルユニットLogeqはエレクトロポップやヒップホップ等を取り入れつつ、RIKUの声とメロディーセンスを最大限に前に出したサウンドが特徴だと思います。ロックバンドのボーカルのソロプロジェクトであれば、アコースティックギターで歌うという方法もある中、このようにトラックを使ったスタイルをとった理由を教えてください☆


RIKU: 今までの活動から、僕は周りの人たちから「ROCKの人」ってイメージを持たれてると思うんですが、普段はジャンル関係なく音楽はなんでも聴くので、以前からヒップホップやエレクトロは大好きだったんです。

だからかなり前から、生バンドではなく「打ち込みのトラックの上で歌ってみる」というプロジェクトの構想はあって、それがようやく始まった、という感じなんです。

そして以前、NEON GRAVITYの「RIFFRAIN」という曲にVocalで参加させてもらって、そこで、
「自分の声はデジタルにも合うんだ!!」
という確信が出来たのが決定的でしたね。



REI: 今youtubeにもあがっていますが、chage & askaの「SAY YES」の歌をレコードでスクラッチしたかのようなパフォーマンスを自らの【声】でやる「ヴォーカルスクラッチ」という技が印象的です。なんなんですか、あれは!(笑)


▼"SAY YES"でヴォイススクラッチするLogeq
*音量注意!!!



RIKU: 元々ヒップホップのバトル系DJが大好きで、自分でもターンテーブルでスクラッチを練習した事もあったんだけど、完全に才能が無い事がわかって(笑)

で、自分が得意なものはとにかく「歌」だけなんで、歌でやっちゃったらいいんじゃねーか??
と思ってやってみたら出来ました(笑)

Logeqは僕一人の自由なユニットなので、どうせならライブでもやっちゃおうと思ったんですが、ここでマニアックなヒップホップのネタとかをこすっても誰も分かんないじゃないですか?
なので日本人なら誰でも知ってる曲でやったら面白いと思ったんです。



REI: 【エンジェルヴォイス】とも呼べるRIKUのハイトーンなウィスパーヴォイスは個性的で、唯一無二、人の心を癒すパワーをすごく感じます。そんなとんでもない武器を持ちながら、ラップ、そして「ヴォーカルスクラッチ」までしてしまう三刀流。なぜ今まで封印してたかが謎です!この三刀流スタイルの成り行き、そしてなぜ今解禁なのか教えてください。


RIKU: まずこのスタイルに至った成り行きなんですが、僕はミュージシャンが集まってその場のノリで演奏するジャムセッションの場によく行くんです。
でも初めて行った時に、あまりのレベルの高さに圧倒されて落ち込みまして(笑)

Fed MUSICでギターも弾いてますが、僕のギターは「NIRVANAが弾けりゃそれでいい」くらいのレベルなんで(笑)
ここでは俺のギターなんて全く武器にならないな。。。
と思い知らされまして。。。

でもこのままだとあまりに悔しいので、何か自分にしかない武器になるものはないか。。。って考えたら、やっぱし結局「歌」しか無かったんですね。

ただセッションには帰国子女の、歌がうまい人とかも沢山居たんで、何か自分にしか出来ない事を考えて、家で遊びでやっていたヴォイススクラッチをやってみたらその時すごくウケたんです。

なんで今解禁かというと、以前Fed MUSICのライブでRAPをやった事があったのですが、なんとなく悪い意味で違和感を持つお客さんも多かったみたいで。。
どちらかと言うとFed MUSICは王道なロックバンドなので、そこでヒップホップテイストな事をしまうと賛否両論あったんですよね。

でもLogeqは完全にデジタルに特化したユニットなので、Fedがダメならこっちでやっちゃえ!
というわけなんです(笑)


REI: 楽器を持たず、ハンドマイクで歌い、自由にステージ上を動きパフォーマンスをするRIKUは、今までのファンとしてはとても新鮮ですが、こちらも初めて見たとき「なんで今までやらなかったんや!」っていうぐらいの完成度の高さに驚きました。あと何を隠してるんですか?w


RIKU: 隠してるものは特に無いですが…笑

でもこれからやろうと思ってるのは、
声で「ギターの音を出す」とか「ラッパの音を出す」とかかな(笑)
とにかく「声に関することならばなんでも極めたい」くらいに思ってますが、
出来ないものは無理にやらないようにしようと思ってます。

あんまりやりすぎると単なる「曲芸」になりそうなので、そこは気をつけようかなーと。
あくまで僕はヴォーカリストであって「歌だけで人を感動させる」というのが根本にあるので。


REI: SPACETRAIN2で初めてLogeqを見るみなさんへ、メッセージをお願いいたします☆


RIKU: Logeqを初めて観る人も多いと思いますが、絶対にガッカリさせない自信があります。
ああいうライブをやってる人って他に居ないと思うんです。
いろんな意味でですけど(笑)

それとSPACETRAINの最大の魅力として、最後にJam sessionがあります!
普段はミュージシャンしか観る事ができないセッションを観れるチャンスはあまり無いと思うので、絶対に観た方がいいと思いますよ。
もちろん僕も参加します!




▼前回のJAMセッション☆





SPACETRAIN2では、REI MASTROGIOVANNI BANDにもRIKUがセカンドボーカル、サンプラーで参加!
そしてなんと、LogeqにはREIがDJとして参加!笑


▼REI MASTROGIOVANNI BANDにRIKU!
t02200220_0640064012164869761





▼LogeqにREI!
t02200220_0480048012164869762




こちらもよろしくお願いしますー!!!
詳細、チケット予約方法は下記です!!

9/7まで後7日間OKAAAAAAAAAAAAAAAAAAY!!


REI MASTROGIOVANNI




2012.09.07(FRI) @渋谷Glad!!! ↓↓↓
SPACETRAIN2_FLYER_blogS2


REI MASTROGIOVANNI presents...
【SPACETRAIN2】
2012.09.07(FRI) @渋谷Glad
OPEN&DJ START 17:00
TICKETS 前売:¥2000 / 当日:¥2500 (+1D)
e+にて前売りチケット販売中!こちらをクリック!

NEW SKAにむかって爆走するミックスジャンルPARTY!
ライブハウスとクラブを融合させた宇宙のような空間で、
バンド・DJがスカの世界を広げます。
全出演者がコラボするジャムセッションも必見☆


▼BANDS

【HOST】
■ REI MASTROGIOVANNI BAND
→ REI MASTROGIOVANNI: bass/vox
→ RIKU KUDARA (Fed MUSIC / Logeq) : vocals/sampler/synth/perc.
→ Tomoya Yamagata (WEDNESDAY) : gt/cho
→ 堀之内大介 (Base Ball Bear) : ds/cho
→ Seasir (浅草ジンタ) : tp/perc./cho
→ Techarlie (HELLO SPRINGFILED!) : tb/synth/dance

【GUESTS】
■ HAKAIHAYABUSA→紹介blog
■ THE BENNIES (from AUSTRALIA)→紹介blog
■ ROOT DOWN GALACTIC ORCHESTRA VERSION FIVE →紹介blog
(ex.UNITED SKATES/dvv/ex.FEEL FLIP/ex.ala/ex.A PAGE OF PUNK/GREEN WELL)
■ Logeq (RIKU from Fed MUSIC)→紹紹介blog

【DJs】
■ MAH (SHAKALABBITS) →blog about SPACETRAIN2
■ TAKE-C (SHAKALABBITS)→blog about SPACETRAIN2
■ KAZ (POP JACKER) →blog about SPACETRAIN2

▼MC
タカハシセーイチ(BELLKAMP/ペスカモシャス)

▼FOOD
POTATO SALAD by PE- (DALLAX/ペスカモシャス) →blog about SP2

INFO: http://www.reimastro.co.nr
会場問い合わせ: Glad (03-5458-2551)

(06:20)

July 10, 2012

ヒダカフェッドのアルバムツアー、東北に行って参りました!!

今回は久慈ライブ前に盛岡に前乗りして、うまいラーメンとチャーハンかっ喰らってきました。

IMG_4578


食う前に写メる事を忘れてしまい、
チャーハン二口くらい食ってからの撮影でした。。

なぜならすっげー腹減ってたから!!!

お許しくだされ。。。

あと店の名前も忘れた!!
でも美味かった!!!!!



そして翌日、久慈に到着して朝飯食おうと久慈の道の駅に入ると。。。


IMG_4591


な、なんじゃこりゃああああああ!!!!????


IMG_4593


IMG_4594


IMG_4595



これまた詳細はわからず。

なぜなら腹減ってたから!!!
いち早くメシ食いたかったのね。

お祭りかなんかなんでしょか??
知ってる方いたらTwitterにリプライください。


とりあえず夢中で写メだけ撮って、
店に入って「なげこみ丼」という海鮮丼を食いました!!
めちゃくちゃ美味かった!!!

これに至っては写真すらない。

なぜならめちゃくちゃ腹減ってたから!!!!!!!!!!!!!!!
ペロっと食っちゃった。

お許しくだされ。



そして店を出ると、そこにはニコニコしながらある看板を指差すヒダカさんが。

看板には、
「昭和レトロ館」
の文字。


というわけで、時間もあったのでみんなでレトロ館散策してみました。


道の駅内にある割にはなかなかにヴォリュームがあり、見応えありました!
ヒダカさんのブログでも触れてましたが、俺はもうちょい詳細を描いてみようかと思います。



IMG_4596


めちゃくちゃレトロなラジオ。
かっこいいですね〜。



IMG_4597


ルパン三世が乗ってたやつだ!!!
入り口からクオリティー高い!!!




IMG_4598


若かりし頃の松坂慶子さん。
今でもお美しい方ですが、
この写真は神々しいくらい美しいですね。。。
「五番町夕霧楼」という映画の松坂さんはホントに美しいです。




IMG_4599


鉄人28号だ!!!
でも今見るとあんましカッコ良くねーな。。。
この体のバランスでこいつはちゃんと闘えるのだろうか。




IMG_4601


ビートルズだ!!!
似てねー!!!!!!!!!!
ポールのベース赤くねーし!!!!!!



IMG_4602


一代で会社を大きくした昭和の伝説の経営者(右)
地味ながらもそれを陰ながら支えた古女房(左)





IMG_4603


吉永小百合さん。
めちゃくちゃかわいいですね。。。
この方も今でもお美しいですね。



IMG_4605


映画「フラッシュダンス」のアナログレコードが!!!
この中に、俺がAORに目覚めるきっかけになったマイケル・センベロの「マニアック」が収録されております。
(今回のツアーではマニアックのカバーも演ってますよ)




IMG_4606


どさくさに紛れて昭和じゃないのも混じってるけど。。。





IMG_4607


「とんでもラッキーマン」。。。
これも昭和じゃないんじゃ???
ちなみにこのラッキーマンの作者、「がもうひろし」氏は、後に「大場つぐみ」と名前を変えて、
あの「デスノート」の原作者になった、という都市伝説があります。




IMG_4609


かっこいいレコーダーですね。
やはり古い機材というのはミュージシャン心をくすぐるタイムレス感がありますね。




そして出口にはなぜかアメリカン仕立てなカフェがある、
という多少のコンセプトのブレブレ感もありましたが、
とにかく満喫させていただきました!!




そして久慈UNITYと仙台MACANAでの久々のKCとのライブ!!
とても楽しかった!!

KCがギターを弾く姿を今回初めて見たので、
久慈でのライブの時はまだちょっと違和感があったけど、
仙台ではそれもあんまり気にならなくなった。

ドラムの大地くんのプレイもとてもカッコ良く、
ギタボとドラムというWhite stripesな編成ながらも、それとは全然違うKCならではの世界観を見せて頂きました!!!

打ち上げは久々にKCと飲んで、なんかいろいろ思い出したなー。


とにかく中身の濃い2日間でした。


そして今週は大阪、福岡、岡山に行って参ります!!
対バンはSCOTT GOES FOR!!!!!

こちらもかなり楽しみ!!

西のみなさま。
待っててくださいね。


ほぼレトロ館のレポートで終わったようなブログですいませんでした。

なぜならレトロ館で写真撮りすぎて、他の場所の写真を撮り忘れたから。。。


お許しくだされ。



RIKU







●2012年7月13日(金) 大阪 シャングリラ

ヒダカトオルとフェッドミュージック
『REPLICA』TOUR

OPEN 18:30 START 19:00

チケット料金:前売 \3, 000 / 当日\3, 500(共にD代別)
GUEST:SCOTT GOES FOR

INFO:清水音泉 06-6357-3666





●2012年7月15日(日) 福岡 ROOMS

ヒダカトオルとフェッドミュージック
『REPLICA』TOUR

OPEN 18:00 START 18:30

チケット料金:前売 \3, 000 / 当日\3, 500(共にD代別)
GUEST:SCOTT GOES FOR

INFO:BEA 092-712-4221







●2012年7月16日(月・祝)岡山 CRAZY MAMA 2nd Room

ヒダカトオルとフェッドミュージック
『REPLICA』TOUR

OPEN 18:00 START 18:30

チケット料金:前売 \3, 000 / 当日\3, 500(共にD代別)
GUEST:SCOTT GOES FOR

INFO:夢番地岡山 086-231-3531





















(06:00)

May 03, 2012

こないだブログで紹介した、Doobie brothersの曲が好評だったので、
また何曲かAORの曲を紹介いたします。


一般の方が持つAORのイメージは、やはり他のポップミュージックよりも敷居が高い、というのが少なからずあるようで。。。

確かにAORの多くは、高層マンションの一室で、都会の夜景を見ながらエロめなねーちゃん(またはボンボン)と一緒にワインを片手でくゆらせながら、というシチュエーションじゃないと似合わないような曲調のものも多くあります。


が、残念ながらそういうシチュエーションは我々一般庶民には皆無なので、そのイメージがAORの敷居を高くしてる要因の一つなのではないか?(あくまで俺の勝手なイメージだけどね)
なので、DoobieのようなPOP感や、親しみやすい曲調のものから聴いていけば、AORに入っていきやすいのではないか?

と、考え、ここではそういった親しみやすい曲調やメロディを持つAORを紹介していきたいと思います!
とりあえずAORのくくりでは一番ポップミュージック寄りで、最も成功したと思われるBilly joelの作品を3連発紹介します。









そしてthe band apartの曲の歌詞にも登場するこの曲。
すっかりハゲて太ってコミカルなおじさんになった、最近のBilly joelのライブversionでお楽しみください。でも声は若いんですよね〜。





そしてインストアイベントも続々決まっておりますよ!!
是非遊びに来てくださいね〜。

RIKU




ヒダカトオルとフェッドミュージックが5月16日発売のアルバム『REPLICA』を携えて各地でインストアライブ&アルバム購入者対象でサイン会決定!!

5月6日(日)タワーレコード新宿店
14時START
ヒダカトオルwith久楽陸(Fed MUSIC) アコースティックミニライブ&サイン会

5月19日(土)DUKE SHOP松山
14時START
ヒダカトオルwith久楽陸(Fed MUSIC) アコースティックミニライブ&サイン会

6月3日(日)ヴィレッジ ヴァンガード ららぽーと豊洲店
15時START
ヒダカトオルとフェッドミュージック アコースティックミニライブ&サイン会
※野外特設ステージの為、雨天の場合はサイン会のみとなります

6月17日(日)HMV札幌ステラプレイス
13時30分START
ヒダカトオルwith久楽陸(Fed MUSIC) アコースティックミニライブ&サイン会

6月17日(日)タワーレコード札幌ピヴォ店
START時間未定
ヒダカトオルwith久楽陸(Fed MUSIC) アコースティックミニライブ&サイン会


サイン会はインストアライブを行う各店舗でアルバムをお買い上げいただいたお客様のみ参加できます。
サイン会に参加いただいたお客様にはヒダカフェッド特製オリジナルステッカーをもれなくプレゼント!
イベント券の配布は定員に達し次第終了いたします。
各店舗により、イベント券など対応が異なる可能性がありますので、お手数ですがインストアライブに関するご質問など詳しくは各店頭に直接お問合せください。
ミニライブの観覧はフリーですので是非ともご来店お待ちしております。

(16:01)

April 28, 2012

久々のブログでございます。

今月はFactory出演、テレビ収録、
そして町田、大阪でライブと、アルバム発売を控え、
ヒダカフェッドの予定が続々と入って来ております!

町田Nutty's、そして大阪Pangeaは、どちらも1周年記念でございました。
おめでとうございます!!!

両日とも新曲中心のセットリストでした。
まだまだこなれない部分もありますが、アルバムツアーに向けて調整を続けていきますので、アルバムツアーは是非来てください!!!

いやマジで。

それまでにはパンくん(アキモ)のMCも多少向上している事でしょう。

そういえば今回は大阪へ向かう途中、パンくんがパーキングエリアでリアルに置いてかれそうになった事も、ほのかな思い出になっております。
今度はホントに置いてく、っていうのをやってみてもいいかもですね!!
新しい!!

15人都市伝説がPangeaで再び成功した事も嬉しかった(つーかホッとした)し、
久々に大阪の友達と再会できた事も喜びでした。

打ち上げでは焼き肉をひたすら喰って、その後すぐに東京へ日帰りする、というせわしないスケジュールであっという間でしたが、とにかく楽しかった。

とにかく来てくれてお客さん始め、関わってくれた方々みんなに感謝。


東京着が早朝だったので、なんかテンション上がって、
勢いで「エイリアンvsプレデター」のDVDをレンタルしてしまった。
初めて観たけど、思ったより楽しめました(プレデターがすっげーいいやつになってたのがちょっと気になったけど…)。

そして大阪の対バンのAWAYOKUBA(素晴らしいバンドでした!)の鍵盤君が、なんとZARIGANI5の大ファンだったそうで、学生時代軽音部でコピーしてくれてたみたい。
そういうのは素直に嬉しいっすね。
汗だくですっげーよくしゃべるやつだったけど、とってもいいやつでした。

ではそいつとの話にも出て来たAORの名曲の一つ、
Doobie brothersの「What a fool believes」を紹介してこのブログを終わりたいと思います。
この曲からAORに入った人も多い、マジで最高にいい曲なので絶対聴いてください。

どうしても時間無い人は、用事が済んでから絶対聴いてください。

そしてその下のアルバムツアーもチェックして、是非遊びに来てください!




『REPLICA』TOUR <全8公演>

6月24日(日)静岡 沼津Live House Quars
OPEN18:00/START18:30
INFO:Live House Quars 055-952-7333


6月30日(土)東京 新代田FEVER
OPEN18:00/START18:30
INFO:FEVER 03-6304-7899


7月7日(土)岩手 久慈UNITY
OPEN18:00/START18:30
INFO:ノースロード・ミュージック 022‐256-1000


7月8日(日)宮城 仙台MACANA
OPEN18:00/START18:30
INFO:ノースロード・ミュージック 022‐256-1000


7月13日(金)大阪シャングリラ
OPEN18:30/START19:00
INFO:清水音泉 06-6357-3666


7月15日(日)福岡ROOMS
OPEN18:00/START18:30
INFO:BEA 092-712-4221


7月16日(月・祝)岡山CRAZY MAMA 2nd Room
OPEN18:00/START18:30
INFO:夢番地岡山 086-231-3531


7月19日(木)名古屋 今池HUCK FINN
OPEN18:30/START19:00
INFO:HUCK FINN 052-733-8347
 
チケット料金:ALL前売\3, 000 / 当日\3, 500(共にD代別)
各会場:GUEST有り
プレイガイド一般発売日:4月28日(土)10:00〜 (ぴあ、ローソン、e+、会場)
※久慈UNITY / 仙台MACANAのみ4月21日(土)10:00〜 (ぴあ、ローソン、e+、会場)
 


RIKU



(00:58)

March 24, 2012

ついに発表致しました!

ヒダカトオルとフェッドミュージックのフルアルバム、
「REPLICA」
です。
1月に集中してレコーディングしたのですが、これをホントにみなさんに早く聴かせたくてしょうがねーっす。

見てくださいこの素晴らしいジャケ!


REPRICA_web



手前に横たわる男性に「草食系」の要素はみじんもありません。
アゴ割れてるしね。
このインパクト抜群なジャケは、
大瀧詠一さんの名盤「A LONG VACATION」のジャケを手がけた、巨匠の永井博先生によるものです!
それだけで僕的にはテンションMAXです。

そしてアルバム内容もこのジャケに恥じぬものになっております!

シングルの「Double Fantasy」はダカさん作曲でしたが、このアルバムではなんと約半分も僕が作曲させてもらって、歌も半分くらい歌っております。

いつかはカバーして音源にしたいと思っていた、ユーミンさんの「やさしさに包まれたなら」を収録できた事も大きな喜びです。

とにかく早く聴かせたい。
あと2ヶ月弱、お待ちください!


*コアラのマーチ喰いながらこのブログを書いてたんですが、最後の一個に見た事ないやつ出た。。。
これって縁起いいやつ??悪いやつ???

写真-2




ツアーも決定です!!!


『REPLICA』TOUR <8公演>

6月24日(日)静岡 沼津Live House Quars
OPEN18:00/START18:30
INFO:Live House Quars 055-952-7333

6月30日(土)東京 新代田FEVER
OPEN18:00/START18:30
INFO:FEVER 03-6304-7899

7月7日(土)岩手 久慈UNITY
OPEN18:00/START18:30
INFO:ノースロード・ミュージック 022‐256-1000

7月8日(日)宮城 仙台MACANA
OPEN18:00/START18:30
INFO:ノースロード・ミュージック 022‐256-1000

7月13日(金)大阪シャングリラ
OPEN18:30/START19:00
INFO:清水音泉 06-6357-3666

7月15日(日)福岡ROOMS
OPEN18:00/START18:30
INFO:BEA 092-712-4221

7月16日(月・祝)岡山CRAZY MAMA 2nd Room
OPEN18:00/START18:30
INFO:夢番地岡山 086-231-3531

7月19日(木)名古屋 今池HUCK FINN
OPEN18:30/START19:00
INFO:HUCK FINN 052-733-8347

チケット料金:ALL前売\3, 000 / 当日\3, 500(共にD代別)
各会場:GUEST有り
プレイガイド一般発売日:4月28日(土)10:00〜 (ぴあ、ローソン、e+、会場)
※久慈UNITY / 仙台MACANAのみ4月21日(土)10:00〜 (ぴあ、ローソン、e+、会場)

オフィシャルサイトチケット先行スケジュール
■受付URL
http://eplus.jp/replica/
3月31日(土)0:00〜4月8日(日)23:59






RIKU











(17:34)

February 09, 2012

どーもー!

お久しぶりですー。僕です!

ヒダカフェッドのレコーディング終わりましたよ。全曲推し曲です。
レコーディング中に食べ過ぎて若干肥えたので、お腹でベースが持ち上がって手元が見やすくなりました。

そんでもっていよいよ今週土曜日ヒダカフェッドのライブですよ。

■2012年2月11日(sat)CLUB CITTA’ & A’TTIC (2F LOUNGE BAR)■


ヒダカトオルとフェッドミュージックBAYCAMP201202に出演決定!!

BAYCAMP 201202
2月11日(祝土)*オールナイト
CLUB CITTA’ & A’TTIC (2F LOUNGE BAR)
OPEN  16:00/ START 17:00  翌日5:00 (予定)
【ACT】another sunnyday/FRONTIER BACKYARD/後藤まりこ/group_inou/快速東京/N’夙川BOYS/QUATTRO /rega/SuiseiNoboAz/0.8秒と衝撃。/VOLA & THE ORIENTAL MACHINE/ヒダカトオルとフェッドミュージック/ダイノジ(クロージング・アクト)
【DJ】 FREE THROW(弦先誠人/神啓文/タイラダイスケ)
【GUEST DJ】TGMX(FRONTIER BACKYARD)/松田”CHABE”岳二(CUBISMO GRAFICO)/68(MONICA URANGLASS)/TETU★KID(ROCKAHOLIC)
※オールナイト公演につき18歳未満入場不可となります。
※当日会場にてIDチェックを行う場合がございますので、写真付身分証明書のご用意をお願い致します。


チケット発売中
前売り \3,500 D別
CNプレイガイド 0570-08-9999
セブンチケット (セブンコード:014-081)
※セブン-イレブン店内 マルチコピー機から直接ご購入頂けます
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:72409)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:157-220)
イープラス(e+)  http://eplus.jp/baycamp201202/
タワーレコード 渋谷店・新宿店・横浜モアーズ店・川崎店・タワーミニ汐留店 *渋谷店と汐留店はぴあカウンターでの販売

【INFO】
A.T FIELD 03-5712-5227(平日13:00〜19:00)
CITTA’WORKS 044-276-8841(平日12:00〜13:00 16:00〜19:00)

オフィシャルHP

アツシ




(22:59)

February 07, 2012

アルバムの最終行程であるマスタリングが終了しました!
さらにきらびやかになり、輝きがましてとても素晴らしい作品になりました。
もう今すぐにでも聴かせたいのですが、そこはやはりぐっとガマンして、
焦らしに焦らしていきたいと思います。


しかしこのAOR感、是非みなさんにわかってもらいたいので、発売までに少しでもみなさんの中にAOR感を注入するために、これからこのブログで少しづつAORの曲を紹介して行きましょう!



第一回目は、僕が初めてAORに触れた記念すべき曲を紹介します。





今見ると突っ込み所満載な映像ですね。


この曲は小学校5年生の時に、友達のオヤジがくれたカセットテープの1曲目。

聴いた瞬間に気に入って、それからこのカセットを毎日聴いていたのですが、そのオヤジに、

「これ誰?」

って聴いたら

「ボン・ジョヴィ」

という知ったかぶりをかましてきたので、

「そうかこれが噂のボンジョビか…」


bon-jovi-hairband



と、当時はガキなので信じてしまい、さらにイントロ部分のコーラスがなんとなく「ボンジョビ」って言ってるように聴こえて、
(よくを聴いてみてください。”Happyなボンジョビ”って聴こえるでしょ?)
それ以来中学生になるまでこれをボン・ジョヴィだと信じきっていました。


そのうち聴きすぎて、テープが劣化してしまい、

「冷蔵庫に入れて冷やすと復活する。」

という当時の都市伝説を信じて実行するも、当然復活せず。

で、ボン・ジョヴィのアルバムを聴きまくって探したけど、当然見つかるわきゃないんですねこれが。



それから5年の歳月が経ち、ある日アニキがたまたまレンタルしてきたビデオ、
「フラッシュダンス」という映画から聞き覚えのある曲が。。。
主人公が踊りまくるシーンであのカセットの5曲目が流れている!!!

当時高校一番のヤンキーだったアニキに、

「これなんていう人!??」

って確認したら、

「ああ"??ボン・ジョヴィだよ」

とか言いそうだったので(言わなかったと思うけど)確認せずに自力で調べ、ついにつきとめました!

そしてこのアーティストがボンジョビみたいなPOPなハードロックではなく、
「AOR」というジャンルだという事をつきとめ、そこから僕のAOR探求の旅が始まるのです。

そんな思い出深い1曲、是非聴いてみてください。

でもジャケがなんとなく2丁目感漂ってんだよね。。。
そこは当時受け入れられませんでした。

img_1214882_22327546_0





RIKU


(23:36)
過去の日記